2005年10月31日

病いは気から  その

 ◆病気の原因となる間違った思いを五つの視点から考えて見ました。


  *:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。
   

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
   
    そのぁ 幢瓩蟾發屬訖粥
   
   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=


例えば、

○自分は絶対に正しい、間違っているのは相手だと思っている。

○自分は回りの人たちよりも偉いと思っている。

○自分は何をしても大丈夫だと思い、つい自分には甘くなるが人には厳しい。

○人から学ぶことが嫌いだ。

○人の話やスピーチを聞いて学ぶことに気がすすまない。

○人が成功すると妬ましいが、人が失敗すると安心する。

このような思いでしょうか。

  ☆==== *:★.☆:*:・' ====☆


驕り高ぶる心とは、自分偉しと思う心が頑なになり、
周囲の人が親切心でやっている行為や、
アドバイスをまったく受け入れられない心です。

例えば、仕事で忙しいときに、
「最近少しお疲れのようですよ」と家族や友人がアドバイスをしてくれても、
自分ではまだまだできると言い張って、
アドバイスを聞かずに病気になるような人です。

早いうちに軌道修正ができれば浅い傷で済んだことも、
自らの驕り高ぶる心によって、家族や友人のやさしい言葉を聞き入れずに、
無軌道な生活を続けると、生活のゆがみがたまって病いに陥ってしまいます。

  ☆-------------☆-----------------☆


こうした方は、驕り高ぶる心をいったん自分で解きほぐし、
周囲の人の親切な心を素直に受け入れる努力が必要です。


//////////  エクセレントひろば  

Posted by exce777 at 15:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月26日

病いは気から  その

 
◆病気の原因となる間違った思いを五つの視点から考えて見ました。


 *:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。
   

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
   
    その  「愚痴の心」
   
   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=



例えば、

○この職場やこの家族から抜け出れば幸福になると思っている。

○自分が不幸なのはあの人のせいだと思っている。

○いつも不機嫌で愚痴をついつい言ってしまう。

○自分は悪くなく、回りが悪いからだと思って、不平不満がいつもある。

○自分が結婚できないのは家や親や環境が悪いせいだと思っている。

○自分が不幸なのはこの人と結婚したからだと思っている。

このような愚痴や不平不満の尽きない心です。


  ☆==== *:★.☆:*:・' ====☆


人に対する恨み心、このような心から生じる人間関係のストレスによって、
自分自身の身体を害している人はたくさんいます。

特に女性は、愚痴の心を貯めやすく、夫や回りの人への不満から病気になる人
が数多くいます。

また、女性は言葉によって傷つきやすく、人から言われた心無い言葉が
壊れたテープレコーダーのように記憶の中でぐるぐる回ってしまいます。

そうした状態が続き、愚痴や不平不満が身体の中にたまって病気を引き起こします。

    *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

しかし、冷静に考えると、心ない言葉を言われたのはほんの一瞬であり、
その短い時間以外の長い長い時間をかけて夫や回りの人たちは、
じっくりと付き合ってくれてきたはずです。

このように、短い時間に起きたことをあまりにも重く評価しすぎずに、
長い時間をかけて昔の愚痴や不平不満の心を洗い流していくことが必要です。

 

/////////////  エクセレントひろば
                    
Posted by exce777 at 19:50Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月17日

病は気から その

病気になっているか、或いはその一歩手前の人の7〜8割は
悪霊に何らかの影響を受け、翻弄されています。

そして、そういう症状が起きてくるということは、
それを呼び寄せるだけのものが心の中にあり、
病気になる原因を自分自身の思いや考えが作り出しているといえます。

☆-------------☆-----------------☆


以前、こんな記事を目にしたことがあります。

☆====「人体の筋肉も臓器も意識をもっていて、
自分の役割を果たすために日夜それぞれの責任を果たすことに専念しています。

しかし、臓器の全体を統率している人間が、イライラしたり、不安でいたり、
恐怖感などのマイナスイメージを永く持ちつづけていると、
各々の臓器の意識も、本来の正常な意識が維持できなくなります。

その結果、バランスがくずれ、健康を害することになり、 
様々な病気が現実化してくることになります。」====☆

  ★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:


これが、「病いは気から」のメカニズムの説明なのだそうです。

  
そこで、病気の原因となる間違った思いを五つの視点から考えて見ました。

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
   
    その 貪り(むさぼり)の心

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=


貪りの心とは足ることを知らない欲望のことを言います。

例えば

○いつも欲しいものがあり、満たされない思いがある。

○お金のことばかりが気にかかり、頭から離れない。

○ひまさえあれば異性のことを考えている。

○ブランド品が好きで、ひどくこだわっている。

○お腹いっぱい食べたにもかかわらず、まだ食べたい気持ちになる。

○もっといい家に住みたい、もっといい服を着たいといつも思っている。

このような思いでしょうか。

   *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

足ることを知って、自らの生活と心をコントロールすることが出来たならば、
暴飲暴食のような無理な生活を改めていくことが出来ます。

最近は、働き盛りのビジネスマンが病気で倒れるケースが増えています。

生活するための体力を維持する運動さえも省き、仕事に明け暮れた不摂生な生活を引き起こしているのは、この貪りの心から出ています。

自分の仕事能力以上の地位や名誉、人の評価、給料を求めていないか、
或いは、酒の席などの、仕事以外の時間で上司の評価を得ようとしていないか、
考えてみてください。

また、流行作家が、売れているうちに花を咲かせたいと、たくさんの注文を受け、
書ききれずに倒れてしまうことがよくあります。

芸能界でもありますね。

からだの調子が悪いのに毎日忙しくて、仕事が休めないと思っている人は、
まず自らの仕事の限界を知り、仕事のなかみを見直す必要があります。

病気になるような無理をした生活とは、自分の中にある貪りの心、
足ることを知らない欲望が引き起こしているのだと省みて、
冷静に自分の行動を見つめてみてください。

                    ☆\(^▽^)/☆


//////////  エクセレントひろば

  
Posted by exce777 at 15:32Comments(0)TrackBack(0)

病は気から その

病気になっているか、或いはその一歩手前の人の7〜8割は
悪霊に何らかの影響を受け、翻弄されています。

そして、そういう症状が起きてくるということは、
それを呼び寄せるだけのものが心の中にあり、
病気になる原因を自分自身の思いや考えが作り出しているといえます。

☆-------------☆-----------------☆


以前、こんな記事を目にしたことがあります。

☆====「人体の筋肉も臓器も意識をもっていて、
自分の役割を果たすために日夜それぞれの責任を果たすことに専念しています。

しかし、臓器の全体を統率している人間が、イライラしたり、不安でいたり、
恐怖感などのマイナスイメージを永く持ちつづけていると、
各々の臓器の意識も、本来の正常な意識が維持できなくなります。

その結果、バランスがくずれ、健康を害することになり、 
様々な病気が現実化してくることになります。」====☆

  ★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:


これが、「病いは気から」のメカニズムの説明なのだそうです。

  
そこで、病気の原因となる間違った思いを五つの視点から考えて見ました。

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
   
    その 貪り(むさぼり)の心

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=


貪りの心とは足ることを知らない欲望のことを言います。

例えば

○いつも欲しいものがあり、満たされない思いがある。

○お金のことばかりが気にかかり、頭から離れない。

○ひまさえあれば異性のことを考えている。

○ブランド品が好きで、ひどくこだわっている。

○お腹いっぱい食べたにもかかわらず、まだ食べたい気持ちになる。

○もっといい家に住みたい、もっといい服を着たいといつも思っている。

このような思いでしょうか。

   *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

足ることを知って、自らの生活と心をコントロールすることが出来たならば、
暴飲暴食のような無理な生活を改めていくことが出来ます。

最近は、働き盛りのビジネスマンが病気で倒れるケースが増えています。

生活するための体力を維持する運動さえも省き、仕事に明け暮れた不摂生な生活を引き起こしているのは、この貪りの心から出ています。

自分の仕事能力以上の地位や名誉、人の評価、給料を求めていないか、
或いは、酒の席などの、仕事以外の時間で上司の評価を得ようとしていないか、
考えてみてください。

また、流行作家が、売れているうちに花を咲かせたいと、たくさんの注文を受け、
書ききれずに倒れてしまうことがよくあります。

芸能界でもありますね。

からだの調子が悪いのに毎日忙しくて、仕事が休めないと思っている人は、
まず自らの仕事の限界を知り、仕事のなかみを見直す必要があります。

病気になるような無理をした生活とは、自分の中にある貪りの心、
足ることを知らない欲望が引き起こしているのだと省みて、
冷静に自分の行動を見つめてみてください。

                    ☆\(^▽^)/☆


//////////  エクセレントひろば

  
Posted by exce777 at 15:32Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月10日

病は気から

ceb6484d.jpg偶然見つけたあるホームページに、こんなことが書いてありました。

「人体の筋肉も臓器も意識を持っていて、自分の役割を果たすために、日夜それぞれの責任を果たすことに専念している。

しかし、臓器全体の統率者である人間が、いらいらしたり、不安でいたり、恐怖感などのマイナスイメージを長く持ちつづけていると、各々の臓器の意識も本来の正常な意識が維持できなくなり、異常な意識の結果は健康を害することになり、様々な病気が現実化してくる。

これが病気のメカニズム(病は気から、気は心)です。」


なるほど、言われてみればそのように思います。

私たちは、日ごろ健康食品を扱っていますが、やはり健康を考えるときには、運動、食事、健康食品、生活習慣などからのアプローチと共に、このような心と病気の因果関係といった総合的な観点が必要であると痛感します。

皆さんはどのようにお考えですか?

  
Posted by exce777 at 12:35Comments(3)TrackBack(0)