2005年10月26日

病いは気から  その

 
◆病気の原因となる間違った思いを五つの視点から考えて見ました。


 *:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。
   

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
   
    その  「愚痴の心」
   
   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=



例えば、

○この職場やこの家族から抜け出れば幸福になると思っている。

○自分が不幸なのはあの人のせいだと思っている。

○いつも不機嫌で愚痴をついつい言ってしまう。

○自分は悪くなく、回りが悪いからだと思って、不平不満がいつもある。

○自分が結婚できないのは家や親や環境が悪いせいだと思っている。

○自分が不幸なのはこの人と結婚したからだと思っている。

このような愚痴や不平不満の尽きない心です。


  ☆==== *:★.☆:*:・' ====☆


人に対する恨み心、このような心から生じる人間関係のストレスによって、
自分自身の身体を害している人はたくさんいます。

特に女性は、愚痴の心を貯めやすく、夫や回りの人への不満から病気になる人
が数多くいます。

また、女性は言葉によって傷つきやすく、人から言われた心無い言葉が
壊れたテープレコーダーのように記憶の中でぐるぐる回ってしまいます。

そうした状態が続き、愚痴や不平不満が身体の中にたまって病気を引き起こします。

    *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

しかし、冷静に考えると、心ない言葉を言われたのはほんの一瞬であり、
その短い時間以外の長い長い時間をかけて夫や回りの人たちは、
じっくりと付き合ってくれてきたはずです。

このように、短い時間に起きたことをあまりにも重く評価しすぎずに、
長い時間をかけて昔の愚痴や不平不満の心を洗い流していくことが必要です。

 

/////////////  エクセレントひろば
                  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/exce777/50159405