2005年10月17日

病は気から その

病気になっているか、或いはその一歩手前の人の7〜8割は
悪霊に何らかの影響を受け、翻弄されています。

そして、そういう症状が起きてくるということは、
それを呼び寄せるだけのものが心の中にあり、
病気になる原因を自分自身の思いや考えが作り出しているといえます。

☆-------------☆-----------------☆


以前、こんな記事を目にしたことがあります。

☆====「人体の筋肉も臓器も意識をもっていて、
自分の役割を果たすために日夜それぞれの責任を果たすことに専念しています。

しかし、臓器の全体を統率している人間が、イライラしたり、不安でいたり、
恐怖感などのマイナスイメージを永く持ちつづけていると、
各々の臓器の意識も、本来の正常な意識が維持できなくなります。

その結果、バランスがくずれ、健康を害することになり、 
様々な病気が現実化してくることになります。」====☆

  ★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:


これが、「病いは気から」のメカニズムの説明なのだそうです。

  
そこで、病気の原因となる間違った思いを五つの視点から考えて見ました。

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
   
    その 貪り(むさぼり)の心

   〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=


貪りの心とは足ることを知らない欲望のことを言います。

例えば

○いつも欲しいものがあり、満たされない思いがある。

○お金のことばかりが気にかかり、頭から離れない。

○ひまさえあれば異性のことを考えている。

○ブランド品が好きで、ひどくこだわっている。

○お腹いっぱい食べたにもかかわらず、まだ食べたい気持ちになる。

○もっといい家に住みたい、もっといい服を着たいといつも思っている。

このような思いでしょうか。

   *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

足ることを知って、自らの生活と心をコントロールすることが出来たならば、
暴飲暴食のような無理な生活を改めていくことが出来ます。

最近は、働き盛りのビジネスマンが病気で倒れるケースが増えています。

生活するための体力を維持する運動さえも省き、仕事に明け暮れた不摂生な生活を引き起こしているのは、この貪りの心から出ています。

自分の仕事能力以上の地位や名誉、人の評価、給料を求めていないか、
或いは、酒の席などの、仕事以外の時間で上司の評価を得ようとしていないか、
考えてみてください。

また、流行作家が、売れているうちに花を咲かせたいと、たくさんの注文を受け、
書ききれずに倒れてしまうことがよくあります。

芸能界でもありますね。

からだの調子が悪いのに毎日忙しくて、仕事が休めないと思っている人は、
まず自らの仕事の限界を知り、仕事のなかみを見直す必要があります。

病気になるような無理をした生活とは、自分の中にある貪りの心、
足ることを知らない欲望が引き起こしているのだと省みて、
冷静に自分の行動を見つめてみてください。

                    ☆\(^▽^)/☆


//////////  エクセレントひろば



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/exce777/50141505