2005年08月25日

りんごの便秘解消効果について


子どもの頃、熱が出たり、お腹のぐあいが悪くなった時に、
すったりんごを食べさせてもらった経験のある人は
多いのではないでしょうか。

*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:


このりんごには食物繊維の一種のペクチンが豊富に含まれています。

ペクチンは、大腸の中で水分を吸って、大きく膨らみ、
腸の中を掃除する働きをしてくれるので、
腸は刺激を受け、便外へを出そうと働き、
ぜん動運動が活発になり、排便を促すのです。

☆-------------☆-----------------☆

また、食物繊維は腸内にある善玉菌(ビフィズス菌)を増やします。

この菌はりんごのカスなどを分解して、乳酸菌や酢酸にかえ、
悪玉菌を減らして、快い通じがつくように働いてくれます。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

しかし、ペクチンは、皮に多く含まれているため、
付着した農薬などをよく洗い流し、
便秘の人はできるだけ皮ごと食べるといいですね。

特に、ストレスの多い人は、腸内の善玉菌が減りやすいので、
その善玉菌を増やす方法として、大いにりんごを利用されたらいかがですか。


//////////  エクセレントひろば

 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/exce777/50033452
この記事へのトラックバック
無事にお盆も終わろうとしていた矢先に大きな揺れを感じました。皆さん大丈夫でしょうか? ところで私のブログでは「体の機能、細胞のアンテナ糖鎖」を紹介しています。 ブログ全体をお読みになってご理解下さい。 05年5月13日、みのもんたの「思いっきりテレビ」では...
200種以上の病気を防ぐ「糖鎖」〜ダウン症、ガン、糖尿、リュウマチ、etcは糖鎖異常が原因!【健康を支える糖鎖と糖質栄養素】at 2005年08月28日 11:00
この記事へのコメント
こんにちわ。私のブログで体の機能、細胞のアンテナ「糖鎖」を紹介しています。是非遊びに来てください。TB残します。
Posted by てつ at 2005年08月28日 10:32